1軸大容量ニーダー – リアクトサーム(商品名)

操作原理

リアクトサームは高い混合・混練及びセルフクリーニング力を有します。ペースト状・高粘度・付着性の高い製品に適用されます。連続・回分の2機種がございます。

リアクトサームは筒状直胴横型ジャケット付本体、半円盤状ディスクと撹拌羽根のついたローター(撹拌翼)から構成されます。本体に固定された撹拌鉤(かぎ)は系内に突き出た棒状突起物で、半円盤状ディスクと撹拌羽根の間に挿入されております。これら半円盤状ディスク、撹拌羽根及び撹拌鉤の間隔は狭く、高い混合・混練とセルフクリーニングを可能としております。この機構により加熱面の汚れや製品が塊となることを防ぎます。半円盤状ディスク、ローター軸に熱冷媒を通すことも可能です。製品は撹拌羽根のわずかな傾斜により水平方向へ移動されます。

特徴

リアクトサームは以下の特徴がございます。

  • 単位容量当たりの加熱面積が大きい
  • セルフクリーニング
  • 滞留時間調整による高い処理能力
  • 製品及びプロセスに適した操作条件が可能

 

適用プロセス

  • 接着剤・樹脂の生産
  • ポリアクリル酸
  • スペシャリティケミカル及び医薬品中間体の精製
  • 熱敏感性の食品含有物及び医薬中間体の乾燥

このウェブサイトでは、処理の簡略化と改善を支援するクッキーが使用Cookieは、このウェブサイトにアクセスするために使用するデバイスに保存されている小さなテキストファイルです。このメッセージを無視または閉じることを選択し、ブラウザ設定でCookieを無効にしないでこのウェブサイトに滞在することを選択した場合、Cookieの使用に同意したものとみなします。 クッキーの使用についての詳細は、当社のプライバシーポリシーを参照してください。